ABOUT Ninja ZX-6R

正確無比なコントロール性を目指して開発された最先端のサーキットマシン、Ninja ZX-6R。

徹底的に軽量化されたNinja ZX-6Rのエンジンは、どんな回転域でも滑らかで正確なコントロール性を発揮。特に中速域のトルクを強化することで扱いやすく、コーナリング中の高いドライバビリティを実現しています。また人間工学に基づいて設計された軽量スリムな車体は自然なライディングポジションだけでなく、ダイレクトな操作感とライダーへの高いフィードバック特性を発揮、サーキット走行時にも高い安心感を生み出します。

フロントフォークにはSHOWA製のBPF(ビッグピストンフロントフォーク)を採用。メインピストン径は従来の約2倍、フォーク内のオイル接触面積は約4倍となることで、ストローク初期のスムーズな作動性と高い安定性を発揮します。
フロントブレーキはラジアルポンプマスターとラジアルマウントキャリパーの組み合わせ。外径300mmのペタルディスクはフローティングタイプ。ダイレクトな操作感と高いコントロール性を発揮します。

さらにスリッパークラッチやオーリンズ製のツインチューブステアリングダンパーを標準装備。高性能を支える充実の装備を誇っています。

ABOUT Ninja ZX-6R

正確無比なコントロール性を目指して開発された最先端のサーキットマシン、Ninja ZX-6R。

徹底的に軽量化されたNinja ZX-6Rのエンジンは、どんな回転域でも滑らかで正確なコントロール性を発揮。特に中速域のトルクを強化することで扱いやすく、コーナリング中の高いドライバビリティを実現しています。また人間工学に基づいて設計された軽量スリムな車体は自然なライディングポジションだけでなく、ダイレクトな操作感とライダーへの高いフィードバック特性を発揮、サーキット走行時にも高い安心感を生み出します。

フロントフォークにはSHOWA製のBPF(ビッグピストンフロントフォーク)を採用。メインピストン径は従来の約2倍、フォーク内のオイル接触面積は約4倍となることで、ストローク初期のスムーズな作動性と高い安定性を発揮します。
フロントブレーキはラジアルポンプマスターとラジアルマウントキャリパーの組み合わせ。外径300mmのペタルディスクはフローティングタイプ。ダイレクトな操作感と高いコントロール性を発揮します。

さらにスリッパークラッチやオーリンズ製のツインチューブステアリングダンパーを標準装備。高性能を支える充実の装備を誇っています。