スーパーライトウェイトZ

249cc、4ストローク単気筒エンジンを新作のトレリスフレームに搭載することで、従来のZシリーズには無かったスリムでコンパクト、そして超軽量なパッケージを実現したZ250SL。基本的な車体構成はNinja 250SLを踏襲し、高回転まで吹け上がるエンジンや俊敏なハンドリングなどレーシーな性能をそのまま受け継ぐ。また、フラット形状のワイドハンドルバーを採用したことで、ライダーが積極的に操作するZシリーズ独特のアクティブライディングポジションを形成する。コミューティングをスポーツライディングに変えるスーパーライトウェイトZ、ここに誕生。