風洞実験により作られたアグレッシブな「Ninja」スタイリングに、アジャスタブルウインドスクリーンを装備するNinja 650。新設計のダブルパイプペリメターフレームにトルク性能を向上させたパラレルツインエンジンを搭載し、操る楽しさ、扱いやすさをますます高めています。

<エンジンパフォーマンス>
フューエルインジェクションを搭載した水冷DOHC8バルブ649cm2のパラレルツインエンジン。低中回転域のトルクをさらに強化し、市街地、ワインディングロードなど、あらゆる状況で扱い易く、余裕のある走りを楽しむことができます。
水冷DOHC 8バルブ649cm3パラレルツインエンジンはフューエルインジェクションを搭載し、特に低中回転域でスムーズかつ鋭いパフォーマンスを発揮。扱いやすい、ライダーフレンドリーなエンジン特性を実現しています。
フレーム内まで伸びる吸気ダクトがエンジンに十分なフレッシュエアを送ると同時に、エキサイティングな吸気音を演出。
ドライペーパータイプのエアクリーナーを採用し、吸気効率とろ過性能を高めています。
サブスロットルを備える大口径38mmのスロットルボディがスムーズなスロットルレスポンスとハイパワーを実現。
ヘッダーパイプをつなぐコレクター部分がトルクの山と谷を打ち消し、スムーズなパワー供給を実現しています。
インプットシャフトとアウトプットシャフト、チェンジドラムが一体となったカセットスタイルトランスミッションを採用。エンジンのコンパクト化とメンテナンス性に貢献しています。
ライナーレスの軽量メッキシリンダーを採用することでシリンダーのピッチを狭め、エンジン幅を抑えています。
スムーズな始動と触媒温度の最適化に貢献する、オートファストアイドル機構を装備。
スムーズなエンジン性能を実現するため、180度クランクにバランサーシャフトを搭載。ウォーターポンプはバランサーシャフト右端で駆動されています。
コンロッドの大端部にオイルジェットを備え、ピストンの冷却に貢献しています。
軽量タイプのダイレクトイグニッションコイルが省スペース化と強力なスパークを実現。
フューエルタンク内蔵式の軽量フューエルポンプを採用。
細身のクラッチケーブルを採用することで良好なシフト操作を実現しています。

<コンパクトで扱いやすいシャーシ>
美しいデザインのトレリスフレームは見た目の軽快さだけでなく、軽量コンパクトで良好な足つき性にも貢献しています。また、快適なライディングを目指してフレームの剛性バランスとサスペンションの設定を最適化し、さらに各部をラバーマウントとすることで不要な振動を軽減し、軽快なハンドリングを実現。あらゆるステージで優れたコントロール性を発揮します。
フレームの剛性バランスを最適化するため、3D解析を使用。優れたハンドリング特性に貢献しています。
高張力鋼管を使用したフレームは、アルミニウムフレームに匹敵する軽さを実現しています。
ダブルパイプフレームとスイングアームの優れた剛性バランスが、軽量で扱いやすいハンドリング性能に貢献。
エンジンをリジッドマウントしストレスメンバーとして使用することで、フレームの理想的な剛性バランスを実現しています。
ダブルパイプデザインの新型スイングアーム右側にはD断面チューブを使用し、剛性を最適化しています。
前後サスペンションはストロークを長くとり、スポーティなハンドリング性能を実現しながら快適性を向上しています。
タンデムグリップはパッセンジャーが握りやすい位置に配置。パッセンジャーが安定することでライダーの安心感も高めています。
ハンドルグリップから伝わる振動を軽減するため、ハンドルバーはラバーマウントとしています。
シートブラケットはフロント部分をラバーマウントとし、シートから伝わる振動を軽減しています。
フットペグのステーはラバーマウントされ、フットペグは前後とも振動軽減のためラバーコートしています。
低いシート高とスリムな車体パッケージにより、足つき性を向上しています。
シート形状、ピボットカバー周辺をスリム化することでライダーの脚の開きを抑え、良好な足つき性を実現しています。
フロントブレーキには外径300mmペタルディスクをデュアルで、リヤには外径220mmのペタルディスクを装備。
フロントマスターシリンダーのピストン径は14mm。2ポッドのフロントブレーキキャリパーはピストン径27mmとしています。
調整式のブレーキレバー、クラッチレバーを採用。
4個の荷掛けフックを搭載。
シート下にはU字ロックを搭載可能なスペースを確保。
ウインカーのハザード機能を搭載。

<アグレッシブなNinjaスタイリング>
さらに凝縮感のある、前傾姿勢を強調するシャープなボディワークとなったNinja 650。新設計のダブルパイプペリメターフレームと特徴的なオフセットレイダウンリヤサスペンションから構成される車体には、細かいディテールに至るまで高品位な仕上げが施されています。
3ポジション、60mmの調整が可能なアジャスタブルウインドスクリーンを搭載。
風洞実験により生み出されたエアロダイナミクスデザインが、快適性向上に貢献。カウリングとウインドスクリーンの形状ははウインドプロテクション効果を高め、頭部に当たる風を最小限に抑えています。
サイドフェアリングに大きな開口部を設けることで、エンジンからの熱をライダーから遠ざけ、快適性に貢献しています。
フレームにはヒートガードを設け、ライダーの膝に熱が伝わらないよう配慮しています。
シャープなデザインのデュアルヘッドライトを搭載。スーパースポーツモデルと同様、2箇所のポジションランプを備え、ヘッドライトバルブにはバルブカバーを装着しています。
スポーティなイメージに貢献する、ビルトインタイプのコンパクトなフロントウインカーを採用。
ダブルパイプデザインの新設計スイングアームを採用。スイングアーム右側はマフラーの取付け角を強調する湾曲デザインとしています。
上段にアナログ式のタコメーター、下段に多機能デュアルウインドウLCDメーターを備える、縦二段積みのメーターを採用。多機能デュアルウインドウLCDメーターには、夜間の視認性に優れるホワイト色のLEDバックライトを使用し、タコメーターの針にも見やすいホワイト色を採用。メーターには燃料計、デジタルスピートメーター、時計、オドメーター、デュアルトリップメーターに加え、走行可能距離、平均/瞬間燃費計、エコノミカルライディングインジケーターを表示。
シャープなリヤビューを演出する、新型LEDテールランプを採用。
エンジン下に配置されたサイレンサーには、シャープで軽量なイメージに貢献するデザインのエンドキャップを装着。
ヘッダーパイプとサイレンサーには高品質なヘアライン仕上げを施しています。