日本国内では生産が終わり見ることのできなくなった、いわゆる2サイクル(2スト)のバイク。しかし、アジア圏では未だに走り続けている2サイクルのバイクがあるのをご存知だろうか。カワサキのNinja150RRもそんなバイクのうちの1台だ。Ninja150RRに搭載されている水冷2サイクル単気筒のエンジンが放つ最高出力29psという圧倒的なパワーは、コンパクトで軽い車重と相まって2サイクル特有の驚異的な加速力とスピードを体感することができる。例えば、130kmという速度に到達するのもあっと言う間と感じるほどだ。車重が軽いということはつまり旋回性能が高いと言うことでもある。さらにフルカウルモデルのRRでは整流効果も期待できる。2ストならではのエンジンフィールはライダーの所有欲を満たし、非日常を体感させてくれる。普段の走行から鋭いコーナリングまで軽快にこなす、まさに「異次元のポテンシャル」を与えてくれる"最後の2スト"遂に日本に上陸!