2016年モデルとしてリリースされるCBR150Rは、新設計のフルLEDツインヘッドランプやLEDターンインジケーター、新しいデザインのフェアリングやシートカウルなどで外観を一新。加えて、直進安定性を高めるために13mm延伸したスイングアームを採用した上、軽量化を施すなどシャシーも大幅改良されている。最高出力18.2hp&最大トルク12.6 Nmを発揮する排気量149.1cc 単気筒エンジンは前方への傾斜角を40°に高め、取り扱いや操作性が最適化されている。